男の人と女の人

アパートの面倒な管理は賃貸管理会社へ依頼しよう!

アパートを経営する上で

貯金箱

アパートの部屋を貸し借りする際に、必要となるのが連帯保証人です。連帯保証人というのは、万一借り手が家賃を支払えなくなった場合、代わりに家賃を支払う役目を負う人のことです。アパートの貸し手としては、家賃収入が滞ってしまうと自分の生活ができなくなる恐れもあるので、確実に家賃をもらえるように保証が必要になります。家賃を支払わない借り手はすぐに部屋を追い出したくなりますが、法律の上では半年間は待つ必要があり、それに加え裁判などの手続きをするとなると大きな負担になります。借り手に支払い能力がなくても、アパートの貸し手がきちんと家賃を請求できるように、連帯保証人が必要なのです。とはいっても、現在では身内と言えども連帯保証人を頼みにくくなっているのが現状であり、そのため連帯保証人として登録できる会社が作られてきています。

連帯保証人として登録できる会社は、家賃保証業者として知られています。身内や友人に連帯保証人を頼みにくい人は増えてきていて、例えば親戚のいない高齢者や日本に来て間もない外国人などが挙げられます。彼らに支払い能力があったとしても、連帯保証人がいないためにアパートを貸し出せないということもあります。そういう場合に家賃保証業者を案内することで、彼らは連帯保証人を見つける苦労をせずにすみ、アパートの貸し手も安心して部屋を貸し出すことができます。部屋の借り手が家賃を支払えなくなった場合、アパートの貸し手は家賃保証業者に家賃を請求することができます。部屋の借り手としては、家賃保証業者に対して一種の保険料を支払うことになるので、無理に家賃保証業者を薦めてしまうとトラブルになりかねないので注意が必要です。